草津市 任意整理 弁護士 司法書士

借金返済の相談を草津市在住の方がするならこちら!

お金や借金の悩み

草津市で借金や多重債務の悩み相談をするならどこがいいのか、決められないでいたりしませんか?
どうせ相談するなら、優秀な弁護士や司法書士のいる法律事務所や法務事務所にしたいですよね。
当サイトでは、インターネットで無料相談出来る、オススメの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
草津市にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料でできるので安心できます。
直接相談をいきなりするのはちょっと気後れする、と思っている人にもオススメです。
借金返済・債務で困ってるなら、まずは司法書士や弁護士に相談して、解決策を探しましょう!

任意整理・借金の相談を草津市在住の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

草津市の債務や借金返済の悩み相談なら、こちらの事務所がおすすめ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している法律事務所です。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払は、分割払いもOK。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金取り立てのSTOPも可能。
任意整理、自己破産、個人再生、過払い金、など、借金や債務のことを相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、債務・借金の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに合ったやり方で借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から料金を精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



街角相談所-法律-

街角相談所-法律-

草津市に住んでいる方が借金・債務整理の相談をするなら、これもオススメです。
「借金解決診断シミュレーター」という、インターネットを使った診断ツールです。
簡単な質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、月々の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも、匿名で、無料で使えます☆
好き全国対応している法務事務所・法律事務所のサービスなので、草津市在住の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった5つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?
借金解決診断シミュレーター
借金解決診断シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。

草津市周辺の他の弁護士や司法書士の事務所紹介

他にも草津市には法務事務所・法律事務所があります。参考にしてください。


●弁護士法人 田中彰寿法律事務所 草津事務所
滋賀県草津市野村2丁目10-16
077-561-0321
http://kusatsu.tanaka-law.net

●湖南司法書士事務所
滋賀県草津市 東矢倉3-35-32
077-566-4880
http://konanjimusyo.com

●草津駅前法律事務所
滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階
077-565-8955
http://kusatsu-ekimae.jp

●あけぼの法律事務所
滋賀県草津市野路1丁目4-16 MNK-3ビル5階502号
077-599-0604
http://akebono-law.net

●かつき司法書士事務所
滋賀県草津市 草津3丁目 14番44号木村ビル3F
077-566-0534
http://office-katsuki.jp

●山田保造司法書士事務所
滋賀県草津市草津2丁目15-2
077-562-0953

●草津法律事務所
滋賀県草津市西大路町3-8 ジュモオネティ 2F
077-516-1681
http://kusatsu-law.jp

●柏木司法書士事務所
滋賀県草津市青地町1254-1
077-567-5538

●加藤・若代司法書士事務所
滋賀県草津市平井2丁目1-30 ハウスソレイユ 3F
077-565-1553

●優司法書士法人
滋賀県草津市野路1丁目8-18
077-516-0331
http://you-office.com

●司法書士法人F&Partners
滋賀県草津市大路1丁目1-1
077-566-4567
http://256.co.jp

●田中司法書士事務所
滋賀県草津市橋岡町45-3
077-566-0660

●横江孚彦司法書士事務所
滋賀県草津市草津3丁目13-70
077-562-1279

地元草津市の司法書士・弁護士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談の方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済、草津市在住で困ったことになったのはなぜ

複数の人や金融業者から借金した状況を「多重債務」といいます。
あっちでもこっちでもお金を借りて、返済先も借り入れ金額も増えてしまった状況です。
消費者金融で限界まで借りたから、別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードをたくさん作ったり。
多重債務の状況にまでなった方は、大概はもはや借金返済が厳しい状態になっています。
もはや、どうひっくり返っても借金を返済できない、という状態。
しかも高利な金利。
もうダメだ、手詰まりだ、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのが最良です。
弁護士・司法書士に相談し、今の状態を説明し、解決策を提示してもらうのです。
借金問題は、弁護士や司法書士知恵に頼るのが最良ではないでしょうか。

草津市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|任意整理

債務整理にもいろいろな手法があり、任意で信販会社と話し合いをする任意整理と、裁判所を通じた法的整理である自己破産や個人再生等々の類があります。
それでは、これらの手続についてどの様な債務整理デメリットがあるでしょうか。
この三つの進め方に共通していえる債務整理デメリットといえば、信用情報にその手続きを行ったことが載ってしまうという点ですね。言うなればブラック・リストという状況になります。
そうすると、おおむね5年から7年程の間、ローンカードが作れなくなったり借り入れが不可能になるでしょう。しかしながら、貴方は返すのに苦しみ抜いてこの手続きをするわけだから、もう少しの間は借入れしない方がよいのではないでしょうか。
クレジットカード依存にはまっている方は、むしろ借入ができない状態なる事で出来ない状態になることで助かるのではないかと思います。
次に自己破産または個人再生の債務整理デメリットですが、官報にこの手続きを行ったことが載ってしまう点が挙げられます。しかし、あなたは官報など見たことが有りますか。むしろ、「官報ってどんなもの」という方の方が多数じゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国が発行する新聞のようなものですが、消費者金融などの極わずかな方しか見てないのです。だから、「破産の事実が御近所に広まる」等ということはまず絶対にありません。
終わりに、破産特有の債務整理の欠点ですが、1辺破産すると7年間、再度自己破産は出来ません。そこは注意して、二度と破産しない様にしましょう。

草津市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/任意整理

はっきり言えば世の中で言われるほど自己破産のリスクは多くないです。土地やマイホームや高価な車等高価値の物は処分されますが、生活していくうえで要る物は処分されないです。
また20万円以下の貯金は持っていても大丈夫です。それと当面数カ月分の生活費が百万円未満なら持っていかれる事はないです。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれもごく僅かな人しか見てません。
またいわゆるブラック・リストに掲載されて7年間程キャッシングやローンが使用不可能な状態となるのですが、これは仕方の無いことです。
あと決められた職種に就けなくなることも有ります。しかしこれも極少数の限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返すことの出来ない借金を抱えているのなら自己破産を実行すると言うのもひとつの手でしょう。自己破産を実施すればこれまでの借金がゼロになり、新たに人生をスタート出来るという事で良い点の方がより多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士、弁護士、公認会計士、司法書士等の資格は取り上げられます。私法上の資格制限とし後見人、遺言執行者、保証人にもなれないのです。又会社の取締役などにもなれないです。だけれどもこれらのリスクはさほど関係が無いときが多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物じゃない筈です。

関連ページ